図書館の風景

図書委員活動、本格始動!

図書委員会でがんばることは、図書館内の掃除や、決められた班の仕事をきちんとこなし、提出物を決められた期限内に提出することです。

図書委員会結成の時に自己紹介をしましたが、とてもたのしそうな委員会だと思いました。先輩たちが面白く、さらにとても頼りがいのある人たちでした。担当の先生方も面白く、話しかけやすいなと思いました。図書委員の皆さんはニコニコしているので、この委員会でがんばっていきたいです。

 

廊下には、新聞3紙の昨日の一面を更新しています。毎日、掃除時間に担当者が張り替えています。

また、新聞班による「注目記事紹介」と、新書班による「おすすめ新書」の掲示物も貼られています。こちらも毎月更新されますので、見てください。

 

 

新入生図書館オリエンテーション

 国語の授業として、2クラス合同で図書館オリエンテーションがありました。今回は、本の「分類」を学んでもらう授業です。

最初にクジを引き、指示された分類番号の本を探し出します。

次に、同じジャンルの本を探し出した人同士で集まり、本を使って自己紹介をしあいました。

自分ではたどり着かない分野の本と思いがけない出会いがあった様子。この3年間で、幅広い分野の本と出会ってほしいと思っています。

 

 

本屋大賞作品、もう読みましたか?

8日、本屋大賞作品が発表されましたね。今年度受賞作品は、『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ)でした。

中高生に人気の作家ですから、知っている人も多い様子。さっそく作品をパラパラめくっている人もいました。

翻訳大賞『カササギ殺人事件』(アンソニー・ホロヴィッツ)は貸出中でした。既に読んでしまった人もいて、受賞のお知らせにビックリした様子でした。

 

本屋大賞発表を毎年楽しみにしている人も多く、昨年度受賞作『かがみの孤城』はいまでも、停滞することなく貸出されています。

何を読もうかな…と迷ったとき、”話題の一冊”を読んでみるのもいいものですよ。

ページをめくる朝

本日より、全学年揃って朝の読書が始まりました。

一年生も、さっそく図書館から借りた本や自宅から持参した本を読んでいました。

毎日の10分間の積み重ねが、心を落ち着かせ、知識を蓄える、良い時間になりますように。 

 

 

言葉を磨く、読書力。

終業式です。本日は、スーパーティーチャーの松田先生より、本にまつわるお話をしていただきました。 

本が好きです。大好きです。 

映像が無いのがまた良くて、頭の中に自由に映像が浮かぶのが良いなあと思っています。

小説と知識の本と、交互に読むようにしています。以前に担当したクラスの生徒に教えてもらっていい方法だと思ったので、取り入れています。

本を読むようになったきっかけは、年下ながら、言葉の表現に優れ、お話の上手な先生に出会ったことです。その先生に話が上手な理由を尋ねたところ、「本を読んでいるからでしょうか…」と言われていました。

皆さんも本を読んで、ウィットに富み、素敵な言葉のチョイスができる大人になってください。

春休みは読書の絶好のチャンスですよ。

 放課後は、たくさんの本が返却されました。そして、特に2年生の皆さんが楽しそうに本を選んでいる姿が見られました。

春休みは休館です。次は始業式で会いましょう!