ご挨拶

 

校長 平田 浩一

 本日は、本校ホームページをご覧いただきありがとうございます。本校は、明治29年に創設され、今年で124年を迎える歴史と伝統を有する学校です。卒業生は3万2千人を超え、これまでに政界、経済界、教育界をはじめとする各界に多くの人材を輩出しています。また、文武両道の学校として、進路指導や部活動においても優れた実績を残しています。

 さらに、平成29年度から文部科学省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定され、「サイエンスの宝島『天草』から世界へ」を合い言葉に、世界に飛躍する科学技術人材の育成に取り組んでいます。研究テーマは天草にこだわりながらも、活動フィールドは国内外の大学・企業と連携しており、学校全体として探究活動が充実し研究に広がりと深まりが出てきました。昨年度からは新たに海外研修の実施など、グローバル社会で活躍する人材の育成にも取り組んでいます。生徒たちは、研究発表会にも意欲的に参加し、プレゼンテーション能力が向上するなど、SSHは本校の新たな魅力となっています。

 また、定時制においても、大学進学や定通大会等において顕著な実績を残しており、天草地域における学びと成長の場として躍進しているところです。

 令和の新しい時代を担う雛鵬が、この天草高校で翼を鍛え、日々成長できるよう取り組んでまいりますので、今後ともご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

校長室より

校長室よりブログ

生徒会役員立会演説会【校長ブログ】

先日、新生徒会役員を決める立会演説会がありました。
まずは、会長をはじめとした旧役員の皆さん、1年間、本当にお疲れさまでした。各委員会等と協力しながら、天草高校を盛り上げ多くの成果を残してくれました。その取組に心から敬意を表します。
さて、第76代新生徒会役員の皆さんには、WiTHコロナの学校生活の中で、新たな挑戦に期待したいと思います。高校生のパワーはすごいですし、生徒会が活躍すると学校は活性化します。生徒会が活躍することが天高の伝統であり、主体的な生徒の育成が天高の目標です。生徒が主体となってつくりあげる、これを天草高校の魅力とし中学生や地域・保護者に発信したいと思います。
生徒会役員は重責で、取り組めば取り組むほど課題が出てきます。しかし、人は常に心に課題を持ちながら、その解決を図ることで成長するものです。
忙しい中にあって、人のため学校のためを思い生徒会役員に立候補してくれた皆さんに心から感謝し、エールを送ります。

Let‘s Begin!【校長ブログ】

この言葉から「飛び出せ!青春」を連想される方は、私と同年代でしょう。
さて、学校再開から3週間、マスク着用などの新生活様式を取り入れながらも学校は通常に戻りつつあるなと感じています。長期休校があり、「WITHコロナ」の学校生活であっても今を生きる生徒にとっては一度しかない高校生活です。
高校生活を振り返ったとき、「コロナのせいで・・・」ではなく、「コロナだったけど・・・」と思えるように、やりたいと思うことや楽しいと思うことに熱くチャレンジしていく、そんな天高生であって欲しいと思います。今、どんなことを考えていますか。
Let‘s Begin!

きついけど楽しい【校長ブログ】

これは、1年生に「学校再開から1週間ですがどうですか?」と声をかけた時の多くの生徒の答えです。これまで経験したことのない7限授業に戸惑いながらも、学校再開を前向きにとらえ、笑顔で答えてくれます。
また、「〇〇になりたい」、「大学に進学したい」、「学習と部活動の両立を目指したい」、「コミュニケーション力を身に付けたい」など、それぞれの目標を力強く話してくれます。1年生に延びる可能性を感じます。
意志あるところに道は開ける。頑張れ1年生。

雛鵬、飛翔の学び再開【校長ブログ】

6月を迎え学校が再開されました。マスク姿ではありますが教室に生徒の姿があり、先生の声が響き、通常に戻りつつあることを実感します。
休校の間に大会や学校行事などの中止・延期などもあり、貴重な学校生活を感じることができませんでした。
しかしながら、生徒の皆さんは、自らの目標を見つめ、やるべきことに集中し、学習計画を練り直して取り組みました。与えられた環境の中で、スローガン“求学志成”を実践している姿をたくましく思いました。
これから暑くなり雛鵬にはつらい時期となりますが、夏休みを短縮し、毎日7限授業にして遅れを取り戻します。年度当初には時間は戻れませんが、年度当初の心には戻れます。学校が再開できたことを喜び、天高生としての自覚と誇りをもって乗り越えていきましょう。応援よろしくお願いいたします。

マスクと格闘【校長ブログ】

分散授業も5日目を迎えました。クラスの生徒数が少なく席が離れているため、プリントを配る時も大変なようです。先生方は同じクラスに同じ授業を2回実施で、これも大変なようです。
また、生徒も先生もマスクを着けて授業をしています。マスクを着けているため生徒の表情はわかりませんが、まなざしはわかります。時折笑顔もありますが真剣そのものです。
しかし、大変なのは先生方、マスク着用での授業は、息苦しさもあるようです。しかも短縮授業のため、時間内に教えようと必死に取り組んでいます。これからの暑さはさらにこたえそうです。体育の授業では、体力を高める運動が行われていました。距離を取りながら、組み合うことなく、身体を動かしています。よく晴れた中、暑さを感じながらも、終わった後は、心身ともに軽やかになったようにみえました。
動き出せば変わるようです。

 

環境の変化は成長の機会【校長ブログ】

現在、分散登校により授業を再開しています。今日、授業がなかった寮生や希望者は登校し、学習センターや図書館、Wi-fi環境にある視聴覚室で終日自学に取り組んでいます。
教科書や参考書を広げ、黙々と取り組む姿は真剣そのものです。ともに励ましあっているようにも見えます。
感染防止に努める中で、通常の学校生活とはいきません。決して現状を受け入れているのではないと思いますが、現在の環境の中で、できることに最善を尽くしている姿をたくましく思います。人としても成長していることでしょう。
頑張れ寮生! 伸びるぞ寮生!

学校再開 【校長ブログ】

さわやかな天気にも恵まれ、今日から分散登校で授業が始まりました。いつもの半分の生徒数ではありますが、教室に生徒の姿があり、先生の声が響き、通常に戻りつつあることを実感します。
学校にも活気が戻った感じがします。1年生は先生との面談も行われていました。
感染防止に努めながらも、これまでの休校期間に身に付けた家庭学習力を発揮し、これまでの遅れを取り戻していきたいと思います。新たな学びの一歩を踏み出したように思います。少しずつ慣れていきましょう。天高生、ファイト!

進路検討会 【校長ブログ】

19日・21日の2日間にわたり、3年生の進路検討会を開催しました。一人一人の生徒の進路目標の達成を目指し、進路指導部、3年部の先生方に資料を作成していただき、先生方みんなで今後の戦略について考えました。
現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、学校の臨時休業が実施されています。各種大会や行事、資格・検定試験等も中止、延期等になり、不安は募るばかりです。
しかしながら、進路実現に向け準備や取組は進めていかなければなりません。
受験は団体戦、学校上げて進路実現に取り組んでいきたいと思います。頑張れ3年生。

教育活動の再開に向けて【校長ブログ】

先週、本県の感染状況や緊急事態宣言の解除を受け、県教育委員会から通知があり、準備が整った学校から分散登校や時間短縮等の感染防止の取組を行ったうえで、授業を段階的に実施できるようになりました。
6月の学校再開に向け、家庭学習中心から授業が段階的に実施できるようになったものです。
今回の休校については、3回の期間延期があり、登校日を設置しながらも家庭学習中心でした。その間、部活動大会や学校行事、資格・検定試験の中止・延期などもありました。
長期に渡る休校や先の見えない状況に、不安やストレス、やり場のない思いなどを感じたことでしょう。仕方がないとはいえ、生徒の皆さんには申し訳ない気持ちです。
このような中、生徒の皆さんは主体的に学習に取り組んでいました。笑顔の登校や教室での様子は真剣そのものでした。たのもしく感じたところです。
今回の変更を歓迎する人、戸惑う人などあるかもしれませんが、学校再開に向けた準備期間ととらえ、学校として授業を実施することとしました。
生徒の皆さんも学習計画を練り直して取り組んでほしいと思います。どんな環境でも“求学志成”の精神でいきましょう。
もうひと頑張り、力を合わせ、感染防止、心身の健康維持、学力向上の両立にチーム天高で取り組んでいきましょう。

同窓会から進路支援助成金をいただきました【校長ブログ】

5月12日に本校同窓会 安田公寛 会長から進路支援助成金をいただきました。毎年いただいているものです。同窓生の皆様の母校を思う御支援、御協力に心から感謝申し上げます。激励もいただき、心強く感じました。
有効に活用させていただき、生徒一人一人の進路実現に向け取り組んでいきます。来週には3年生の進路検討会を予定しています。同窓会の皆様、ありがとうございました。

校長室へようこそ!

校長室へようこそ!

山並精神【校長ブログ】

本校の事務室には「山並精神」の額装があります。

この“山並”とは、恩師として多くの同窓生の方が尊敬してやまない山並兼武先生のことです。山並先生は、昭和22年から45年まで母校天高の体育教師として奉職されました。

山並先生については後述させていただくとして、書かれている「山並精神」を紹介したいと思います。

 

人間、如何に立派な学歴があり、豊富な知識があっても、亦如何に一芸に優れて居ても、誠実と実行とによらなければ何事も成し遂げられるものではない。口先の人となるより実践の人となること、有名人になるよう心がけるより誠実な人となるように努力すること、肩書きで光る人となることもよいが、誠実と実行を以て人知れず陰で輝く人の尊さを思い見ることが大切である。如何に奮闘努力しても立身出世出来なくても、誠実を以て世に処し、社会の為に祈りつつ働くならば立派な生活人である。

 

天草更紗

 

 

これは、中村いすず様に染めていただいた天草更紗です。更紗は、南蛮船に乗って渡来したもので、キリシタンロマンの島、天草の異国情緒を味わうことが出来るものです。昨年は、食物被服部の生徒が中村様の指導のもと天草更紗づくりに挑戦しました。 

書「玉成」【校長室より】

校長室に掲げてあるこの書は、天草(大矢野町出身)が生んだ巨星、竹添進一郎(号 井々)先生の『 玉 成 』です。竹添先生は、明治初期の激動時代に不世出の外交官・漢学者として、日本はもとより中国等においても活躍され偉大な功績を残されています。また、帝国大学(東京)教授もつとめられ、熊本県近代文化功労者としても顕彰されている方です。なお、二女は講道館柔道の始祖、嘉納治五郎に嫁いでいらっしゃいます。

この書は、竹添先生が父の墓碑を天草本渡から玉名伊倉に移すとき、高台の墓所より船積場までの石碑運搬を天草中学校の生徒達が手伝ったことに感激して、贈られたものです。

玉成とは玉の如く立派に磨き上げるの意味であり、中国、宋代の儒者、張横渠の著書「西銘」にある「貧賤憂戚、庸玉女於成也」から取ったと伝えられています。