熊本県立湧心館高等学校 Yushinkan High School
 

通信制の1年(平成30年度)

 4月 受講手続、始業式、入学式
 5月 前期生徒総会
 6月 県定通体育大会
 7月 校内生活体験発表会
 8月 前期視聴報告締切、前期考査、(定通総体全国大会)
 9月 前期卒業式
10月 後期入学式、校内文化発表会、県定通文化大会
11月 人権教育講演会、クラスマッチ
12月 避難訓練
 2月 後期視聴報告締切、後期考査
 3月 卒業式、終業式、受講指導
 

【通信制】学校生活

 
入学式                   スクーリング風景

  
卒業証書授与式             卒業式後HRにて
 

【通信制】卒業生より

学校機関誌「図南」卒業特集号より抜粋

 私はこの高校に入学する前、通信制の学校に少し偏見を持っていました。そして、自分がやっていけるのか不安でした。しかし、実際にこの湧心館高校に通ってみると、偏見を持っていた自分が恥ずかしいと思うほど良い学校でした。そして、不安も吹っ飛ぶくらいの素敵な友達ができました。通信制の高校は、他の高校より通学する回数が少ないため、数少ない授業を真面目に受ける人がたくさんいます。私は見た目や学校で人を判断してはいけないということを学びました。先生も友達も授業で会う人も、いい人ばかりで、とても充実した楽しい一年でした。一年だけでしたが、この湧心館高校に通えてよかったです。一年間たくさんのいい思い出をありがとうございました。

 私は、この学校に入るまで通信制は楽だと思っていました。しかし、実際に入ってみると、ほとんど自分一人で勉強しなければならないし、レポート提出の期限があり、思っていた以上に大変でした。仕事が忙しくなれば、なかなか両立もできませんでした。
 学校に来れない時があったり、レポートの期限内提出ができない時もありましたが、この学校に入って、「自己管理」の大切さを学びました。ここで学んだことを、普段の生活でも大事にしていきたいと思います。

 私は、湧心館に入学してたくさんのことを学びました。ひとつ目は、「自学学習」の大切さです。学校での勉強は時間が限られています。家できちんとレポートをして、学習をすすめていかないと、学校の授業についていけないと思いました。次は、友達との関係です。学校では月に4回ぐらいしか会わないので、短い時間のなかでたくさんの話をして、いい関係を作っていくことが大切だと分かりました。この学校でできた友達は、ずっと仲のいい友達でいたいです。湧心館高校の通信制でよかったと思います。