熊本県立八代清流高等学校

八代南高校及び氷川高校の再編・統合より、熊本県立八代清流高等学校が2011年に誕生しました。
校長挨拶             
 CM作成メイキング 受検生の皆様へ氷川高校の歴史八代南高校の歴史 各種書類の
(ダウンロード)
 

学校生活

学校生活 >> 記事詳細

2015/04/08

新任式・始業式

| by:学校サイト管理者(松村)

4月8日(水)、午前中に新任式・始業式が行われました。退任式で14名の先生方との別れを惜しみ寂しく思っていましたが、新しく13名の先生方を八代清流高等学校にお迎えすることができました。新任者代表挨拶では、冨下 春海校長先生が挨拶をされました。生徒代表歓迎の言葉では、生徒会長から13名の先生方をお迎えできた喜びと、これから過ごす1年間に対する期待の気持ちが述べられました。

 その後、始業式が始まり、校長先生が八代清流高等学校にきて生徒たちへの最初の講話をされました。その中で東日本大震災の復興には次世代の協力が必要であること。立派な社会人に必要な基礎力を身につける場が高校生活であること。高校生活の中で自分の可能性を高めるためには、環境と努力が大事であること。目標も大切であるが目の前のことにも全力で取り組むこと。そして、嫌なことから逃げずに向き合う努力をすること。生徒たちは愛情ある校長先生の話を真摯に受け止めている様子でした。

 始業式が終わり、新しい年度に関わる校務運営委員の先生方の紹介と2年、3年生の担任、副担任の紹介がありました。生徒達から大きな拍手があがり大いに盛り上がりました。そして、教務主任、進路指導主事、生徒指導主事から新しい年度に向けて講話がありました。教務主任からは、先の未来を想像する力について、進路指導主事からは、挨拶とコミニュニケーション能力の大切さについて、生徒指導主事からは、素直で明るく真面目である誠実な心の育成について話がありました。

 午後からは入学式です。新入生が気持ちのよいスタートを切ることが出来るようにおもてなしの心を込めて全生徒で準備や大掃除を行いました。

   
      新任者代表挨拶 (冨下校長先生)                   生徒代表歓迎の言葉                  始業式 開式の辞(山西教頭先生)

  
           校長式辞                           校務運営委員会の紹介                    新クラス担任・副担任紹介

  
         教務主任の講話                        進路指導主事の講話                生徒指導部紹介、生徒指導主事の講話


  


18:07