熊本県立八代清流高等学校

八代南高校及び氷川高校の再編・統合より、熊本県立八代清流高等学校が2011年に誕生しました。
校長挨拶             
 CM作成メイキング 受検生の皆様へ氷川高校の歴史八代南高校の歴史 各種書類の
(ダウンロード)
 

校長室へようこそ

 

校長挨拶

 




          
  ごあいさつ

                                                                                                                                   

 本校は、「八代南高校」と「氷川高校」の伝統を受け継ぎ、新たに発展的に設立された県内初の進学重視型単位制普通科の高校です。平成24年度に開校し本年度で7年目を迎えます。100を超える科目設定により、生徒の興味や進路希望により幅広い科目選択が可能であり、さらに、総合的な学習の時間である「プロメ・プラン」やキャリアプランニング活動を通して、自己の在り方や生き方を考え、キャリア形成に関わる態度や総合的な力を身につけることができます。生徒の持つ個性や能力に応じて、それらを最大限に生かし、伸ばす指導を個別に行いながら、多様な入試に対応することで生徒の夢が実現されています。
 また、三綱領「自律 進取 錬磨」に基づき、徳・知・体のバランスがとれた教育活動を実施することにより、生徒それぞれが持つ良さや可能性を最大限に伸ばし、生徒の自律心の高揚を図り、自信に満ち溢れた生徒の育成を目指します。さらに、全職員が一丸となって、生徒一人一人を大切にした育成力のある学校づくりを推進します。
 八代亜紀さんが作詞作曲された校歌に、「山と川と 青い空と海 球磨川(たいが)の恵みに包まれて」とあるように、清流「球磨川」の袂にあり、周辺には九州山地の山々や、海の幸に恵まれた不知火海が広がっています。そのような自然豊かな学舎で、生徒は、仲間や先輩・後輩、教師との絆を大切しながら前向きな取り組みを見せています。
 昨年度は、熊本大学をはじめ、鹿児島大学、長崎大学、熊本県立大学など国公立大学に14名、私立大学に89名、その他医療系の専門学校など延べ154名が現役で合格しました。また、部活動においては文武両道の教育方針のもと、体育系ではアーチェリー部とボート部がインターハイに出場し上位入賞、文化系では放送部と科学部が全国大会に出場するなど素晴らしい成果を上げています。
 今後とも、家庭や地域との連携を大切にしながら、皆様の期待に応えることができますよう学校をあげて創意工夫し、研鑽・努力していく所存ですのでどうぞよろしくお願いいたします。                         熊本県八代清流高校  校長 岩本 修一