熊本県立八代清流高等学校

八代南高校及び氷川高校の再編・統合より、熊本県立八代清流高等学校が2011年に誕生しました。
校長挨拶             
 CM作成メイキング 受検生の皆様へ氷川高校の歴史八代南高校の歴史 各種書類の
(ダウンロード)
 

校長室へようこそ

 

校長挨拶

 




           八代清流高等学校長
               冨下 春海
  
  ごあいさつ

平成24年4月9日に、「八代南高校」と「氷川高校」の伝統を受け継ぎ、八代南高校敷地に第1期生175名を迎え、「八代清流高校」の開校式・入学式を挙行することができました。その1期生も平成27年3月に卒業し、4月には第5期生173名を迎えることができました。

本校は、県下初の進学重視型単位制の普通高校です。地域の進学希望者の夢を地域で叶えるため、単位制による柔軟なカリキュラムによって、皆さんの多様な進路希望達成のために全職員が一丸となって、細やかにサポートしていきます。

 また、徳・知・体のバランスのとれた教育を目指しています。学習のみならず部活動や生徒会活動などでも頑張れるようにサポートしていきます。新しい「八代清流高校」の歴史を皆さんと一緒につくっていきましょう。志高く夢多き若者の入学を心より歓迎します。

本校は、八代亜紀さんに作っていただいた校歌の一節に「山と川と 青い空と海 球磨川(たいが)の恵みに包まれて」とあるように、清流「球磨川」の袂にあり、その先には九州山地の山々や、海の幸に恵まれた不知火海が広がっています。そんな自然豊かな学舎には、優しく逞しい先輩たちが学習に、部活動に励んでいます。卒業生は1期生164名、2期生172名、あわせて336名おり熊本大学をはじめ多くの国公立大学を含む上級学校へ進学したり、部活動でも九州大会、全国大会で活躍しています。先輩たちの伝統を受け継ぎ、三綱領「自律 進取 錬磨」に基づき、生徒それぞれが持っている良さや可能性を最大限に伸ばす教育を推進し、自己の持つ夢を実現できる向上心に満ちた創造性豊かな人材の育成を目指しています。生徒の夢の実現に向かって、より質の高い教育を提供できるように、学校をあげて創意工夫し、研鑽・努力していく所存です。

目指す学校像

•感動ある教育を展開し、生徒の夢を実現する学校

•スポーツが盛んで、文化の香りのする学校

•生徒・保護者・地域住民に信頼され、愛される学校

目指す生徒像

•誠実で思いやりのある生徒

•自らを律し、地道に努力する生徒

•進んで物事に取り組み、自らを高める生徒

•礼儀正しく、自尊の心を持つ生徒

•文武両道を目指し、活力に満ちた逞しい生徒