236130人の方に閲覧していただきました。
 

校長室からの風(メッセージ)

校長室からの風(メッセージ)
12345
2018/12/12new

全員ステージ ~ 最後の文化祭(その3)

| by 校長

全員ステージ ~ 最後の文化祭(その3) 

 

 在籍生徒数が千人を超える高校にかつて勤務したことがあります。9割の生徒は一度も体育館のステージ上で脚光を浴びることなく卒業していきました。大規模校の定めです。しかし多良木高校は違います。最終学年67人の学校です。閉校するとわかっていて敢えて入学してきた生徒たちの気持ちを重く受けとめ、他の学校では得られない特別な体験を積み重ねてやりたいと私たち教職員はこの3年間努めてきました。そして、最後の文化祭「木綿葉フェスタ」では、全員がステージに立つことになったのです。

 「あの日に帰ろう、歌と共に! ~歌で振り返る多良木高校96年の青春~」のテーマを掲げ、午後の2時間半、手作りの歌謡祭を開きました。67人全員が歌、またはダンスなどのパフォーマンスに挑戦しました。脇を固めるのはプロの音響・照明、伴奏が音楽教師と地域の音楽愛好者の方、そして午前中にライブを開かれたORANGEの岩男さんもバイオリンを弾かれました。スポットライトを浴び、五百人の観衆とテレビ局のカメラに囲まれ、生徒達は物怖じすることなく力を発揮し、若さいっぱいの自己表現でした。

 赤いリンゴを手に背筋を伸ばし「リンゴの唄」を歌った女子生徒、五人のバックダンサーの男子を従え着物姿で「お祭りマンボ」を歌い踊った女子生徒、着物姿で女装し「365歩のマーチ」を熱唱しながら観客席を回った男子生徒、派手な衣装に包まれ笑顔いっぱいでキャンディーズやピンクレディを演じた女子生徒達などなど。普段はおとなしい性格であっても、ステージ上で堂々とした姿を見せ、改めて高校生の無限の可能性を思い知らされました。

 入れ替わり立ち替わり生徒たちが大正から昭和の戦前、戦後、そして平成とヒット歌謡を歌い継ぎ、最後は今年2018年に大ヒットした「USA」の生徒全員のダンスは圧巻でした。そして職員も合流し、「いつまでも」(熊本地震復興支援ソング)と校歌を全員で合唱し、フィナーレを迎えました。

 同窓生及び地域の方々、そして保護者など大勢の観客の熱い思いが生徒たちの熱意に火をつけ、生徒一人一人が輝き、最後の文化祭は幕を下ろしたのです。




10:17
2018/12/11new

書の力 ~ 最後の文化祭(その2)

| by 校長

書の力 ~ 最後の文化祭(その2) 

 

 多良木高校の文化祭は、書道選択者による書のパフォーマンスから始まることになっています。少なくとも私が校長就任以来4年間はこのオープニングを続けています。デジタル全盛の時代、書道はその対極のアナログな存在でしょう。しかし、だからこそ価値があるのです。コンピュータで均一な文字を早く作成しても、それは味わいも情緒もなく、個性もありません。一方、自ら筆で墨書した文字は、その人自身を雄弁に物語ります。書は人なり、です。

 最後の多良木高校文化祭「木綿葉フェスタ」においても、3年生書道選択者の書道パフォーマンスが幕開けとなりました。本校では芸術教科として書道と音楽があり選択科目ですが、1組は38人中11人、2組は29人中4人と書道選択者は少数派です。彼らが自分たちで言葉も考え、練習し、本番を迎えました。美しい文字ではありません。整ってもいません。しかし、彼らの思いが骨太に熱く表されているようで、観る者に生き物のように迫ってきます。

 1組の生徒の作品は、第1体育館のステージ中央正面に吊り下げられました。そして、相対する観客席に生徒のメッセージとして力強く届きます。2組の生徒の作品は立て板に張られた紙に墨書され、同じく第1体育館の入り口付近に観客席を背後から見守るかの如く立てられました。ステージ上の書と呼応するような立ち姿です。文化祭が終了し、会場の撤収作業が行われましたが、この二つの書の作品はそのまま残しました。本日、第1体育館で集会を開きましたが、生徒達の力作は強い気を発したままです。

 パソコンで作成された文字は何年持つのでしょうか。心細くなります。一方、墨の力が千年以上も永く持続されることを私たちは知っています。8世紀の奈良時代、いや7世紀後半の藤原時代の木簡(木札に墨で書かれた記録史料)が今に伝わり、墨痕が鮮やかに残っていることが何よりの証明です。舞台芸術に比べると地味ではありますが、書道作品は多良木高校文化祭の誇るべき成果と言えます。




10:00
2018/12/10new

多良木高校に「マルシェ」出現

| by 校長

多良木高校に「マルシェ」出現 ~ 最後の文化祭(その1) 

 

 「マルシェ」という言葉はもともとフランス語で「市場」という意味ですが、最近日本でも馴染みのものとなりました。屋外の広場や公園に小規模の店舗が集まり、観光客や地域の人がコミュニケーションを楽しむ場として、各種イベントで開かれるようになりました。

 12月8日(土)に開催した多良木高校最後の文化祭「木綿葉(ゆうば)フェスタ」において、初めての企画「多良木高校スペシャルマルシェ」が実現しました。昨年まではクラス(学級)やPTAのバザー(模擬店)が行われていたのですが、3年生のみの文化祭では生徒や保護者のバザー実施までは困難ということから、地域のご協力をお願いしました。くま川鉄道フェスタをはじめ各種イベントでマルシェの企画運営をされている西希さん(多良木町)にコーディネートを依頼したところ、「最後の文化祭を一緒に盛り上げましょう」と快諾されました。そして、持ち前の行動力で、店舗や諸団体に声を掛けまとめられ、最終的に11のお店で成るマルシェが本校中庭に出現しました。これに、県立南稜高校による「シクラメン」の友情販売も加わり、これまでの文化祭にない賑わいとなりました。

 ハンドメイド雑貨やアクセサリーのお店もありますが、ほとんどは飲食店舗で、メニューも多彩です。多良木町で「こども食堂」(地域の子どもに無料もしくは低額で食事を提供する場)を開設されている方たちは自慢のカレーライス。地域のグリーンツーリズム団体による地産のもち麦ご飯、豚汁。地域の婦人会の手作りお菓子。中華料理店による餃子、小龍包。そして、かつての多良木高校生が愛した懐かしのハム入りパンを復活販売したパン屋さん等いずれも個性が光りました。

 たった一日、それも2時間余りの短いスペシャルマルシェでしたが、多くの同窓生や地域の方々が買い物と飲食、そして交流を楽しまれました。日中の最高気温が10度に届かない冷え込んだ天候でしたが、マルシェは温かな特別な空間を創り上げたのです



14:16
2018/12/07

「あの日に帰ろう、歌と共に!」

| by 校長

「あの日に帰ろう、歌と共に!」

~歌で振り返る多良木高校96年の青春~  

 

 今年度で閉校する多良木高校の最後の文化祭「木綿葉(ゆうば)フェスタ」を明日12月8日(土)に開催します。3年生しか在籍していないため、昨年までのような文化祭はできません。また、9月から11月にかけ就職や推薦進学の試験が続き、例年より実施時期が遅くなりました。
 異例の文化祭ですが、大きな特色が二つあります。一つは、地域の店舗のご協力で、マルシェ(青空市場)が実現することです。十の店舗の皆さんが出店予定で、食事、お菓子、アクセサリー小物類等の販売が中庭で予定されています。最後の文化祭を一緒に盛り上げようとの業者の方々の御好意に厚く感謝申し上げます。

 もう一つは、フィナーレ歌謡祭です。午後の2時間半、生徒を中心に職員有志、保護者、同窓生、地域の合唱グループの方たちが歌いまくります。テーマは「あの日に帰ろう、歌と共に!」~歌で振り返る多良木高校96年の青春~です。本校創立の大正11年に生まれた曲「シャボン玉」からスタートし、戦前、戦後の懐メロ歌謡曲から昭和後期、そして平成のヒットソングと30曲が歌い継がれます。その時代の多良木女学校生、多良木高校生が口ずさんだであろう青春ソングを歌うことで、96年を振り返ろうという試みです。
 2学期の音楽の授業はこの歌の練習に充てられてきました。生徒たちにとっては生まれる遥か前の歌を担当することもあります。「リンゴの唄」、「憧れのハワイ航路」、「青い山脈」、「高校三年生」などなど。しかし、生徒たちにとってはこれも新しい出会いです。なかには衣装も往時のものに着替えて登場する生徒もいます。高校生の豊かな表現力を期待してください。

 そして、この歌謡祭の最後、職員と生徒全員で熊本地震復興支援ソング「いつまでも」(作詞作曲:タイチジャングル)を合唱します。離れていても変わらない故郷を思う歌詞が、閉校する多良木高校に寄せる思いと重なり、練習していて胸が熱くなります。

 明日は、多良木高校最後の学年67人の歌声が体育館に響きわたり、きっと同窓生の方たちの胸を揺さぶることでしょう。

               前日のリハーサル風景


11:44
2018/11/26

「ボッチャ」を楽しむ ~ 球磨支援学校高等部との交流会

| by 校長

「ボッチャ」を楽しむ ~ 球磨支援学校高等部との交流会 

 

 「ボッチャ」という障がいのある人のために考案されたスポーツを知っていますか? 目標球である白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり転がしたり他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競う競技で、パラリンピックの正式種目です。ボールの大きさはソフトボールよりやや小さく、柔らかい素材でできています。

 1126日(月)午前、多良木町内にある県立球磨支援学校高等部の皆さんと多良木高校3年生とのスポーツ交流会を開催しました。昨年までは支援学校の方から本校を訪問され、グラウンドでティーボールを行ったのですが、今年は本校生が支援学校を訪ね、同校の体育館でボッチャを行いました。球磨支援学校高等部1年から3年までの43人と多良木高校最後の学年67人が混合で20チームをつくり、四つのコートに分かれてチーム対抗で実施しました。

 多良木高校の生徒にとってボッチャは初体験だったようです。運動機能に障がいがあっても楽しむことができるため、支援学校高等部の生徒の皆さんと一緒にできる軽スポーツとしては最適で、ボールの転がり方によって形勢が逆転する面白さに多高生も熱中していました。戸外は曇った冬空でしたが、体育館は笑顔と歓声があふれていました。

 2020年には東京パラリンピックが控えており、障がいのある人が楽しむスポーツへの関心が高まっています。その軽スポーツを共に楽しむことで、心の壁を取り払い、親睦を深めることが今日の交流会の目的でした。障がいのあるなしに関わらず、この球磨郡で学ぶ同じ世代の仲間です。自然体で交流する生徒たちの姿は実に爽やかで、心温まるものがありました。ただ一つ寂しく感じたのは、この交流会が今回で最後であるという事実です。閉会式で、これまでの交流への感謝の思いを多良木高校代表の西野君が述べました。

 人々の多様な在り方を相互に認め合える共生社会は、球磨支援学校及び多良木高校の生徒たちによって創られていくと期待しています。


15:13
2018/11/20

嗚呼、甲子園球場  ~ マスターズ甲子園2018応援2

| by 校長

嗚呼、甲子園球場  ~ マスターズ甲子園2018応援2

 

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)は、ホームベースからセンター奥まで115m、レフトとライトの両翼が95mの規模を誇り、スタンド(観客席)の収容人員は4万7千人余りの巨大なスタジアムです。大正13年(1924年)に竣工し、夏の全国高等学校野球選手権大会、春の選抜高等学校野球大会の会場として今日に至っており、高校野球の聖地と称されます。この夏の第100回記念大会では、秋田県立金足農業高校の健闘が大きな話題となりました。また、プロ野球の阪神タイガースの本拠地であり、熱狂的タイガースファンの応援で知られます。この甲子園球場で試合ができることは、野球を愛する人々にとって夢のようなことでしょう。マスターズ甲子園2018のキャッチフレーズは「いくつになっても甲子園球児はカッコいい」です。

 熊本県代表の座を勝ち取り、初出場を成し遂げた多良木高校野球部OBチームは、1110日(土)の開会式直後の8時35分から、福島県代表の日大東北OBチームとの試合に臨みました。マスターズ甲子園大会は、ボランティア応援の仕組みがあり、地元の西宮市や神戸市の中学、高校の吹奏楽部が演奏してくれることになっています。多良木高校OBチームを応援してくれたのは、神戸市立本山南中学校吹奏楽部の皆さんでした。力強い演奏で選手を元気づけてくれ、球場の雰囲気も盛り上がりました。

 多良木高校OBチームはマネージャーも含め50人がベンチに入りました。前半は34歳以下の若手選手が出場します。私もよく知っている近年卒業した7人の選手たちが甲子園のグラウンドで溌剌とプレイする姿を見ていると、こちらも気持ちが明るくなります。後半は35歳以上のシニア選手の出番です。7月まで多良木高校野球部のコーチをしてくださった尾方さんが捕手としてプレイされました。その姿は眩しく映りました。

 マスターズ甲子園は優勝を決める大会ではなく、各チームひと試合です。甲子園球場で試合をすることが目的なのです。高校野球の聖地である甲子園球場は、かつて甲子園を目指した大人たちも温かく迎え入れてくれました。



12:45
2018/11/15

「嗚呼、甲子園」 ~ マスターズ甲子園2018(その1)

| by 校長

「嗚呼、甲子園」 ~ マスターズ甲子園2018応援(その1)


 甲子園球場のスタンドに一歩足を踏み入れた瞬間、内野から外野、そしてスコアボードと全体が迫ってきて、「ああ、ここが甲子園球場かあ」という感慨にしばし包まれました。巨大ですが、何か「美しい」と感じる空間であり、高校野球やプロ野球のテレビ中継でお馴染みの同じ場所に自分が立っているということが不思議な感覚でした。

 高校野球OBたちの「大人の甲子園野球大会」であるマスターズ甲子園2018に多良木高校野球部OBチームが熊本県代表として出場を果たしました。その開会式及び試合が11月10日(土)に行われました。OBの快挙は、今年度で閉校を迎える多良木高校を大いに勇気づけてくれました。多良木高校野球部が半世紀挑み続けながら実現できなかった夢をOBが代わって達成してくれたのです。
 甲子園球場のスコアボードに「多良木高校」の名前が記されるのを、この目で見たいと思い、私も甲子園球場まで向かいました。前日の金曜日の夜、鹿児島空港最終便で大阪へ飛び、梅田のホテルに泊まり、当日は阪神電鉄を利用して甲子園球場(兵庫県西宮市)へ朝7時半には到着しました。阪神甲子園駅を降りるとすぐ目の前に威容を誇るスタジアムがあり、その距離の近さに驚きました。

 マスターズ甲子園2018の開会式は午前8時に始まり、全国各地域の代表16校が行進します。行進の先頭の多良木高校について、今年度で閉校する学校にとって悲願の甲子園初出場という紹介アナウンスがありました。地元多良木町をはじめ関西、その他各地から出場選手の家族、友人、野球部関係者等が応援に駆け付けていて、その数は百人近くに達したと思います。

 選手宣誓も多良木高校OBチームの山村さん親子が行いました。「多良木高校は閉校しますが、高校野球への思いや地域への感謝の気持ちは次の100年に引き継がれます。」という言葉が甲子園球場に響き渡りました。

 いよいよ午前8時35分から試合開始です。相手は福島県代表の日大東北OBチームです。試合については引き続き次号で。


 



12:56
2018/11/12

最後の強歩会

| by 校長

11月9日(金)、最後の強歩会 


 「みんなで歩く、ひたすら歩く、多良木高校最後の強歩会、出発!」と声を掛け、私がスタートの号砲を撃ちました。朝7時50分、正門から65人の生徒が歩き出しました。体調不良で二人の生徒が出場を見送りましたが、チェックポイントの補助を務めることになりましたので、最後の学年67人全員が強歩会に参加したことになります。私も最後尾から歩き始めました。

 学校を出て北の多良木町黒肥地方面へ向かいます。出発した頃は小雨が降っていましたが、次第に雨はやみ、天候は回復傾向です。六百年前に建造された茅葺きの楼門(県指定文化財)のある第1チェックポイントの王宮神社(2.3㎞、多良木町黒肥地)では、氏子さんによって秋祭りの準備が行われていました。里城大橋で球磨川を右岸に渡り、多良木町から県道33号を人吉方面へ進みます。第2チェックポイント覚井観音堂(7.2㎞、あさぎり町須恵)では、地元の方の御好意でお堂を開けてあり、檜の一木造の十一面観音像が私たちを迎えてくれました。第3チェックポイント植深田観音堂(10.2㎞、あさぎり町深田)は高台にあり、球磨川のきらめく水面を眼下に眺められました。

 めいはた橋で球磨川を左岸に渡り、橋の下の芝生広場が第4チェックポイント(10.7㎞、あさぎり町深田)です。ここで昼食。保護者の方々が給水のお手伝いに来ていただき感謝です。生徒はまだ元気で、男子は走り回るほどです。昼食休憩後、午前11時30分に出発し、球磨川の土手沿いの道を多良木町方向へ帰っていきます。後半は次第に先頭と後尾の距離が離れていきます。女子生徒の中には弱音を吐く者も見られました。第5チェックポイントの中島橋(15㎞、あさぎり町須恵)を過ぎると、遠くに多良木高校の体育館が見えてきました。なかなか近づいてきませんが、止まらない限り一歩一歩に近づいているのです。

 さすがは3年生。最後尾の女子生徒2人も一度も止まることなく、想定時間より早い午後2時15分には多良木高校正門にゴール。私も一緒にゴール、達成感に満たされました。沿道の住民の方や交通整理の保護者の方の温かい応援を受け、一件の怪我も事故もない最後の強歩会となりました。

 多良木高校のゴール(閉校)も近いことを改めて実感します。


 


16:35
2018/11/02

最後の強歩会に向けて

| by 校長

最後の強歩会に向けて 

 多良木高校伝統の鍛錬行事である「強歩会」を11月9日(金)に行います。来年3月に閉校する本校にとって最後の強歩会です。三つのコースを3年間かけて歩き、人吉球磨地域の自然や風土を体感する行事です。今年のコースは多良木町黒肥地地区を巡り、あさぎり町の須恵、深田地区を回って、球磨川沿いに帰ってくる行程です。3年前は広域農道(通称フルーティーロード)を歩いたのですが、スピードを出し走行するトラック等の運送車が多く危険を感じたため、県道に変更し距離は大幅に短縮されました。それでも20㎞余り歩くことになります。

 過去3年、私も参加しましたが、秋の球磨郡の豊かで穏やかな風景の中、歴史や人情に触れることができ、何と平和で心地よい地域なのだろうとしみじみ感じました。人吉球磨地域をかつて訪問した司馬遼太郎が「日本でもっとも豊かな隠れ里」と形容したことが思い出されます。

 今回のコースの見所を紹介します。第一チェックポイントの王宮(おうぐう)神社(多良木町黒肥地)では、室町時代中期(応永23年、1416年)に建立された楼門(県指定文化財)に注目しましょう。そして、あさぎり町に入ると県道33号沿いに観音堂が次々と出迎えてくれます。江戸時代中期から人吉球磨地域で「相良(さがら)三十三観音巡り」の風習が始まり、今に至っています。春と秋の彼岸の時期に観音堂は一斉開帳され、普段は閉まっているお堂が多いのですが、今回は地区の方の御好意で観音様を拝観できる予定です。第2チェックポイントの覚井(かくい)十一面観音堂(二十二番)、永峰(ながみね)如意輪観音堂(二十一番)、第3チェックポイントの植深田(うえふかだ)聖観音堂(二十番)とまさに巡礼の道です。観音様の慈愛の眼差しに見守られながら、歩きます。

 あさぎり町深田の「めいはた橋」で球磨川を渡り、帰路は川沿いの土手道を辿ります。鷺が遊ぶ川面を左手に見ながら進み、薄(すすき)の群生や色づいた柿の実に行く秋の風情を感じることでしょう。

 多良木高校最後の強歩会。みんなで歩く。ひたすら歩く。ただそれだけのことですが、きっと特別な一日となることでしょう。

                王宮神社の楼門

 



                覚井観音堂
12:05
2018/10/31

正門前の銀杏並木

| by 校長

正門前の銀杏並木 


 「正門前の銀杏並木が綺麗ですね。」と来校者の方からよく言われる季節になりました。先日は、朝、アマチュアカメラマンの方が撮影されている姿が見られました。多良木高校の正門前には銀杏並木があります。町道から分かれ正門までの80mほどの道に片側十本の銀杏樹が立ち並んでおり、今、黄緑色から鮮やかな黄金色に染まってきて、先週から落葉も始まりました。

 正門までのこの奥行の道がとても意味があると私は思っています。朝、登校する時、正門及びその先の校舎や体育館が見え、「さあ学校だ」と自然に意識が学校生活に切り替わる場所となります。夕方、下校する時、正門を出て心地よい疲れに包まれながら「さあ家に帰ろう」と気持ちが解放される場所になるでしょう。銀杏並木の道は、学校と外界をつなぐ不思議な空間と言えます。

 春夏秋冬、登下校の生徒を見守り続ける銀杏並木です。そして、この銀杏並木が最も華やかな装いを見せるのが秋です。毎年、大量の銀杏の落葉があります。一本の銀杏の樹木にいかにたくさんの葉がついているのかに驚きます。昨年まではサッカー部の生徒たちが自主的に朝掃除に出てきて、銀杏の落葉を掃き集めてくれていました。しかし、今年はサッカー部も活動を終えたため、時折、私たち職員有志で清掃を行っています。肌寒くなった朝、銀杏を竹箒で掃き集める感触は秋の風情を感じます。

 現校地に移転して50年、銀杏並木は生徒をはじめ来校者を出迎えてくれました。日が高くなり、銀杏並木の入り口側から正門の方を眺めると、「平和・勤労・進取」の校訓が大きく掲げられた第一体育館、そしてその背景には球磨盆地を囲む九州山地の山並みも遠望できます。この風景こそ、多良木高校を象徴するものではないかと思います。
 しかし、来年の秋はこの風景は見られないでしょう。閉校まであと5か月です。秋はゆっくりと深まっていきます。この秋は、銀杏並木が一層愛おしく、美しく思えます。


 



11:13
12345