Ozu High School

 

校長挨拶

    


 生徒並びに保護者の皆様、こんにちは

大津町・菊陽町並びに城東地域の皆様、こんにちは

これから大津高校への入学を目指す中学生の皆さん、こんにちは

 

本校は大正十二年に城東地域の若者が集い・学ぶ場として創立され、今年で九十六年目を迎える歴史と伝統を誇る学校です。本校の建学の精神は「質実剛健」「勤勉克己」であり、これまで二万一千人を超える卒業生が本校で学んだ精神の元全国各地で活躍されています。

 

今、大津高校は普通科、普通科体育コース、普通科美術コース、理数科に全校生徒九百十人が勉学に、文化・スポーツにと一所懸命に頑張っています。この「頑張り」を支える基本的心構えを紹介します。

盡己竢成(おのれをつくしてなるをまつ)とはなにか。

大意: 自分の全精力を尽くして努力した上で、成功・成就を期待すべきである。

力を尽くし切っていないのに失敗を運のせいにしてはいけない。

幸運を望む前に、まず自分の力を尽くせ。

また、失敗した不運を嘆いて努力を止めてはならない。

さらに勤勉と辛抱を怠らず、成就を待て。

成功者は、努力の限りを尽くした結果、自身の運命を拓き得たのである。

 

①凡事徹底:「当たり前のことを当たり前に」、「やるべきことをやり抜く」大高生の行動規範。

②恕のこころ:「思いやり」、「相手の気持ちを考える」大高生の心の根幹。

③文武一体:「基礎基本を大切にする」、「努力なしに成長はない」何事も工夫次第。

この三つの心構えを支えに高校生活を送れば、学びあう力、克己心、コミュニケーション力が身につき、社会で通用する人材と認められ、大津高校を母校として誇れるようになると信じ、日々教育に当たっています。

 大津高校は、生徒自らが思い描き挑戦することで進路を実現し、その過程で夢をもつ勇気と自信を育て、生徒一人一人の可能性を引き出す学校を目指しています。