カウンタ

721465

連絡先

〒868-0422
熊本県球磨郡あさぎり町上北310
熊本県立南稜高等学校
TEL 0966-45-1131  
FAX 0966-45-0466
E-mail nanryou-h@pref.kumamoto.lg.jp

 

バナー

熊本県教育情報システム
登録機関
 管理責任者 校長 紫藤 光一
 運用担当者 教諭 古財 弘幸 

  

 

保健室だより

絵文字:救急、保健室保健室だより
 インフルエンザ注意報
  → インフルエンザ.pdf
 熱中症について

  熱中症 掲示用.pdf
  熱中症対応.pdf
 

学校評価



平成29年度学校評価はこちらをクリック
南稜高校 学校評価.pdf
 
お知らせ


学校いじめ防止基本方針の概要はこちら
学校いじめ防止基本方針の概要.pdf
いじめ問題対応マニュアル.pdf


 

(4)地域の特色と資源を活かしたモノづくり

活動日誌
2018/10/17new

竿干し南稜米・旭一号の脱穀

| by:学校サイト管理者

10月17日(水)、竿干しで乾燥をさせていた南稜米と旭一号を脱穀しました。
 

 

 
コンバインとハーベスタを用いて行いました。役割分担をしてスムーズに実習を行います。

 
これにて稲刈り作業も一段落。よけまんに南稜米と丸尾米の食べ比べです。どちらが勝ったかは・・・内緒です(笑)。


16:27
2018/10/16

南稜米の調製が終わりました!

| by:学校サイト管理者

10月15日(月)、南稜米の調製作業が終わり、冷蔵庫へ玄米を運びました。今年は昨年よりも豊作で、100袋を超える玄米を7名で運びました。
 

 

 

 

「重い、重い」と言いながら持ち方を工夫してで運びました。終わった後、「よけまんがあればいいのに」と。確かに(笑)。


07:35
2018/10/12

旭一号の収穫

| by:学校サイト管理者

10月12日(金)、今年から栽培をはじめた品種、旭一号の収穫を行いました。
この水田は、農薬、化学肥料、有機肥料を一切使わず自然栽培で育てました。収穫は1年総合農業科、2年普通科体育コース、福祉コース、3年生産科学科作物専攻生で行いました。
 

 

 

 

普通科体育コース・福祉コースの生徒も、楽しみながら収穫をしてくれました。この後乾燥させた後、やっと食べることができます。待ち遠しいものです!


07:41
2018/10/03

南稜米の収穫

| by:学校サイト管理者

10月3日、南稜米の収穫を行いました。
台風の被害もほとんどなく、収穫予定日を迎えることができました。朝から休む間もなく収穫を行いました。
 

 
機械が得意の山下君。大活躍です。

コンバインの稲刈りと並行して、2年生では竿がけを行いました。
 



遠くから見て案山子?かと思ったのは、


林田くんでした。いい笑顔です!


07:36
2018/09/27

赤米収穫

| by:学校サイト管理者

作物専攻では今年から雑穀米(赤米と黒米)の栽培を始めました。昨年度SPH研修でお世話になった甲佐町農家の方から種籾を分けていただき栽培し、来週収穫予定でした。


しかし、週末に台風が来ており、倒伏被害を避けるため、予定より約一週間早いのですか収穫を行いました。
 

 

スプーン一杯入れるだけで、赤飯のように赤く染まります。南稜高校赤米を食べたい方は作物専攻へお尋ねください!


21:37
2018/09/05

・トウモロコシの脱粒

| by:学校サイト管理者

昨日に続き、トウモロコシの脱粒を行いました。まだまだ暑い日が続いているので、木陰で涼みながら行いました。
 


南稜米も順調に生育しています。天気もよかったので、集合写真を撮りました。


2年生も同じように撮ってみると、学年のカラーがあると感じました。


19:45
2018/09/04

ゴマ・トウモロコシの脱粒

| by:学校サイト管理者

作物専攻では、雑穀米セットを作れないかと商品開発中です。
そこで今年はゴマやトウモロコシ、ヒエ、アワ、赤米、黒米等、様々な雑穀を栽培しています。
本日はゴマとトウモロコシの脱粒を行いました。
 
しっかり乾燥させているので、脱粒はスムーズにできましたが、ゴミを取り除く作業が大変でした。

ポップコーンも栽培していたのでプチ試食を行いました。
 



できる前につまみ食いをした生徒が約一名。まあ、一生懸命実習をしていたので今日のところは許しておきましょう(笑)。


18:26
2018/08/28

人吉球磨地域有機栽培農家視察研修

| by:学校サイト管理者

人吉球磨地域で有機栽培に取り組む農家さんの水田・畑を見学し、一般水田との比較や意見交換を行いました。
本日のテーマは以下の3点
①病害虫草が攻撃してくるのか?稲が引き寄せているのか?
②土・稲の健康度を五感を使って観察
③薬剤防除は必要なのか?
 

 

 

 本研修には、農薬を製造販売されている薬品メーカーの方も参加され、情報交換を行いました。農薬を数年来使用しなくても安定した栽培を行う農家もあり、メーカーの方々が言葉に詰まる場面も・・・。
 現代農業において、農薬は必要不可欠なツールであることは感じます。しかし、その一方で使用しなくても栽培を可能にしている農家もあります。経営規模、販売方法等、各経営者の考えによって選択する必要があるようです。
 ちなみに、本研修では、南稜高校にもご来校いただきアドバイスを頂きました。昨年よりも順調に生育していますが、「EMボカシ肥の施肥量が多すぎるのでは」とありがたいお言葉。来年度の栽培に活かしていきたいと思います。


09:55
2018/08/23

南稜米 出穂

| by:学校サイト管理者

8月23日、南稜米のほぼ全ての株で出穂が見られました。
実習中には鼻がむずむずする生徒もおり、イネの花粉を感じていたようです。
 

 今年は赤米と黒米の栽培に新たに挑戦中です。赤米は極早生品種ということで、5月5日頃に出穂をしました。雀が穂を食べていたので、防鳥ネットを設置しました。
 


17:59
2018/08/06

地域理解研修

| by:学校サイト管理者

 本日は球磨地域の農業の発展を支えてきた、幸野溝及び百太郎溝について学ぶ研修に参加しました。
 
はじめに、水土里ネット幸野溝で、歴史や概要について学びました。
ドローン撮影された航空映像はとても迫力がありました。

 

 

 
幸野溝の小水力発電所へ移動し、江戸時代に手彫りされたトンネル探索も行いました。先人達の苦労を肌で感じることができました。

 

 
百太郎公園へと移動し、百太郎溝の歴史や概要について学びました。当たり前に使用できる農業用水ですが、先人達の努力の積み重ねがあり
今があると感じました。感謝の気持ちを忘れずに、農場実習にも取り組んでいきたいと思います。

本研修実施にご協力いただいた水土里ネット幸野溝の皆様、水土里ネット百太郎溝の皆様、充実した研修をしていただき心よりお礼申し上げます。


17:28
2018/06/11

田植え3年生

| by:学校サイト管理者

6月8日、11日の2日間で3年生は田植え実習を行いました。
昨年も田植えを経験している生徒達ですが、やはり1年ぶりの操縦は難しい様子。
 

 

農業機械を得意とする山下君。本日も教官役を引き受け、技術指導を行いました。
 

 
友人も真剣なまなざしで指導を受けていました。
生徒間で学び合うことができ、楽しそう。

最後の洗車も完璧でした!
 


20:32
2018/06/07

田植えパート2

| by:学校サイト管理者

6月7日、昨日に引き続き田植えを行いました。
 

 
丸尾先生より、優しくご指導を頂いています!

 
慣れてくると笑顔も見られました!


振り返りながら何を話したのでしょうか?
たぶん、曲がってしまったのではないでしょうか・・・(笑)。

 
苗箱が重いんです!!!しかし、笑顔で頑張ることができました!


12:42
2018/06/06

田植えスタート!

| by:学校サイト管理者

6月6日、植物コースの2年生で田植えを行いました。
昨年は田植え体験で手植えを行った生徒達ですが、上級生になり、田植機を使った田植えを行いました。
 

 



「昨年は大勢で田植えをしてやっと水田が1カ所終わったのに、田植機でやったら早っ!」と生徒が一言。

その通りです。

 
しかし、苦労を知ってこそありがたみがわかるのでは。

美味しいお米ができよう、祈るばかりです!


21:16
2018/06/04

作物専攻 EMボカシ肥散布

| by:学校サイト管理者

6月4日、作物専攻3年生がEMボカシ肥散布を行いました。
はじめに三福田に散布。三福田は球磨農業高校時代の、定時制校舎跡地になります。
こちらでは、生徒会・農業クラブ・家庭クラブで御田植え祭を行うので、その準備です。
 

その後、水田に移動して、6号田にEMボカシ肥を散布した。
 

 
1袋10kgあるので、なかなかの重さです。女子生徒は肥料おけを利用しました。

水田の隣では馬が優雅に生活しています。疲れたときには動物に癒やされて、気合いを充電です!
 


19:07
2018/06/01

EMボカシ肥散布

| by:学校サイト管理者

5月30,31日に2年生栽培コースでEMボカシ肥散布を行いました。
南稜高校では有機栽培の米作りを行っています。その米作りを支えているのがEM
ボカシ肥です!1ヶ月前から自家配合で作り、発酵させ、本日を迎えました(写真は1か月前)。
 

EMボカシ肥は手作業で行っていきます。水田を区画に分けて、自分の場所を責任を持って散布していきます。風で流され自分にかかることもありますが、そんなことも気にしません!

30日は晴天となりました!
 

 

31日は小雨の中頑張りました。
 

 

終わった後、水路で手足を洗う姿から、球磨の豊かな自然を感じます!


06:07
2018/05/30

畦草刈り 代かき

| by:学校サイト管理者

5月28日、小雨降りしきる中実習を行いました。
作物専攻では、田植え前の準備に追われています。生徒も内心「雨の中、外でやるの!?」と思ったかもしれませんが、そんな表情はみじんも見せず実習に取り組みました。






草刈りが終わった後は晴れやかな気持ちに!天気も気付くと雨がやんでいました!


 


08:06
2018/05/23

湯前町で地域を学ぶ!

| by:学校サイト管理者

5月23日、湯前町の杵つき精米所の活用について、湯前町の鶴田町長を尋ねました。地域の現状や昨年度挑戦したクラウドファンディングについてご助言をいただきました。


話は熱を帯び、地域の資源について。すると「今から実際に見に行こうか!?」と湯前研修が始まりました。

まずは、300年前に作られた幸野溝へ。この用水路こそ地域農業の発展を支えてきた地域資源になります。


次に、幸野溝用水を活用した小水力発電所へ。小学生の社会科見学へ行った時のような、わくわくした気持ちを思い出します。



最後は里宮神社へ。チェーンソーで作られた木彫りの馬に乗りました。




鶴田町長のわかりやすいご説明もあり、学び多い湯前研修になりました。
お忙しい中、案内をしてくださった鶴田町長をはじめ、湯前役場の皆様本当にありがとうございました。


20:39
2018/05/23

南稜米 耕耘

| by:学校サイト管理者

5月22日、水田の耕耘を行いました。
作物専攻生(3年)が緊張した面持ちで運転していました。


運転が得意な山下君は指導係として大活躍!


疲れました。休憩中は畦で井戸端会議!


20:09
2018/05/23

南稜米 畦ぬり

| by:学校サイト管理者

5月21日、畦ぬりを行いました。
畦ぬりは、漏水を防止するための作業になります。




田植えの準備が着々と進んでいます!!!


20:04
2018/05/18

南稜米 雑穀の播種・定植

| by:学校サイト管理者
5月19日、雑穀米の定植を行いました。
今までお米しか栽培していないので上手くできるかわかりませんが・・・。
もちきびやあわ、ごま等数種類を播種・定植しました。

役割分担をして、見事な連携で定植をします。


ゴマを播種する時には、一度に播きすぎないよう砂を入れて調整をしました。
夕方からは恵みの雨が!美味しい雑穀米が食べられること間違いなし!となることを願います!
19:40
2018/05/10

南稜米 育苗ハウスパワーアップ!

| by:学校サイト管理者
5月10日、南稜米の育苗ハウスに不織布と遮光フィルムを設置しました。

昨日の段階ではこの状況。


こちらに不織布をかけていきます。


そしてシルバーの遮光フィルムをはります。


完成!今日は天気が良く、ハウスの中は暑かったです。しかしそれもまた、終わった時に充実感があったようです。

19:46
2018/05/09

南稜米 古代米 播種

| by:学校サイト管理者

5月9日、2年生の実習で南稜米の播種を行いました。
2年生は人数が多いこともあり、笑顔で楽しみながら取り組んでいました。


3年生は古代米(赤米、黒米、緑米、茶米の計8種類)の播種を行いました。
播種機で他の種籾が混ざってはいけないので、手で播いていきます。




いつにもなく真剣な表情です。機械では何の労力も無く均等に播くことができますが、人の手ですると予想以上に難しかったです。



元気に成長するのを願うのみです!


19:08
2018/05/08

南稜米 播種

| by:学校サイト管理者

5月8日、大雨になりましたが、雨にも負けず、風にも負けず、作物専攻生はヒノヒカリの播種を行いました。

播種機を使用しながら、種籾と用土を補充していきます。


種籾はいい感じで床土の上に落ちていきます。


水を吸った育苗箱はとても重くなります。腰が痛くなる実習ですが、若さを活かし難なく終えることができました。


 


18:48
2018/05/02

古代米栽培に向けて

| by:学校サイト管理者

5月2日、あさぎり町の浦本さんが来校され、貴重な古代米の種籾を分けていただきました。古代米の説明をはじめ、地域の歴史についても説明をしていただきました。話を聞いた後は、一緒に脱粒を行いました。


千歯こきを使って脱粒をします。




「南稜米」×「古代米」
今後の展開が楽しみです!


19:13
2018/05/02

塩水選・温湯消毒

| by:学校サイト管理者

 5月1日、南稜米栽培がいよいよスタート。種籾の塩水選と温湯消毒を行いました。
 塩水選は、塩水を用いて充実した種籾を選別することです。浮かんだ種籾を取り除きます。



 温湯消毒はいもち病等の予防のために行います。60度のお湯で10分間殺菌をします。


 消毒した種籾は、水で冷やします。


 うまくできたでしょうか!?今後の成長に期待です。


07:11
2017/11/18

くまもと農業フェアでアピール!

| by:学校サイト管理者

 くまもと農業フェアでクラウドファンディングのチラシ配りと宣伝を行いました。今回はプロジェクトメンバー全員参加ではなく、選ばれし代表者が参加しました。まさかステージの上でアピールする機会があるとは予定外でしたが、チャンスを活かして宣伝をすることができました。



21:17
2017/11/12

南稜祭で試食会

| by:学校サイト管理者

 南稜祭2日目、多くのお客様に来て頂き大盛況の文化祭になりました。そんな中、杵つき南稜米、南稜米、某先生の新米、古米で試食会を行いました。食べ比べて見ると味の違いがわかるような、わからないような・・・。多くの貴重な意見を頂きました。準備までに少々トラブルもありましたが、とても勉強になる一日でした。





21:13
2017/11/06

プレスリリースで熊本市内へ

| by:学校サイト管理者

 南稜高校生のクラウドファンディングの取り組みをもっと多くの人に伝えようと思い、テレビ局へプレスリリースを配りに行きました。朝から人吉を出発し、はじめにTKU熊本へ。


次にNHK。


次にRKK。


次にKAB。


最後に金子やすし衆議院事務所へ。


 突然の訪問にもかかわらず、大変温かく迎えて頂き、応援の言葉をかけていただきました。本当にありがとうございました。そして、これからも一生懸命頑張ります。


20:59
2017/11/03

リターンを増やそう!

| by:学校サイト管理者
 クラウドファンディングで思うように資金が集まりません。何が悪いのか・・・。できることから換えてみようと思い、リターンを増やすことにしました。リターンとは支援をしてくださった人へのお返しのことです。物ではなく、心に残るリターンを考えてみました。


20:57
2017/10/18

杵つき精米所の見学

| by:学校サイト管理者

 今日は湯前町にある杵つき精米所を訪れました。クラウドファンディングプロジェクトは湯前町の杵つき精米所とのコラボレーションなので、仕組みを十分に理解しなければいけません。真剣な表情で説明を聞きます。


ただし、お米の良さをわかるには、食べてみないとわかりません。試食して初めて味がわかるものです。それにしてもお米って美味しい!


20:49
2017/10/04

クラウドファンでイングに向けて。

| by:学校サイト管理者

 湯前町の地域おこし協力隊と協力をしてクラウドファンディングに取り組むことになりました。

 クラウドファンディングとは?「クラウドファンディングとは、自分で何かしたい!という目標を実現する為に、インターネットやSNSを通じて出資を募り、それで得たお金で自分の目標を実現する方法」です。

 どういうことだ!と手探りの状態ですが考える前に動く。農業高校生らしく、行動力で可能性を切り開きます!

 今日は、クラウドファンディングで作る自分たちのページの撮影です。


20:36
2017/04/14

EMボカシ肥作り

| by:学校サイト管理者

 南稜米を栽培するにあたってキーポイントになるEMボカシ肥作りがスタートしました。材料を混ぜた後は1ヶ月ほど日陰・嫌気状態で保管する必要があります。




 新学期が始まると同時に、米作りもスタート。今年も南稜米のできが楽しみです。


07:24
2016/07/06

・あさぎり町との打合会 SPH関連 (2016/7/5)

| by:学校サイト管理者
・あさぎり町との打合会 SPH関連  (2016/7/5)
7月5日(火)あさぎり町愛甲町長、北口商工観光課長、中神商工観光課主幹らが来校。
あさぎり町と南稜高校が連携した取組の方向について協議しました。
スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)とからめたとりくみを探っていきます。

07:22
2016/06/29

地域の特色と資源を活かしたモノづくり

| by:学校サイト管理者

地域の特色と資源を活かしたモノづくり

農業分野での商品開発とその販売戦略を学ぶ。6次産業及び商品開発に関する農業の事例をもとに、
知的財産と基礎的なマーケティングの視点で考えることができる人材育成を目指す。


17:26