メニュー
校長室より
校長訓話徒然雑記帖
学校の紹介球磨工ブログ行事アルバム入試情報進路情報機械科電気科建築科建設工学科伝統建築専攻科部活動育友会陵和会(同窓会)保護者の方へ卒業生の方へ各種証明書の発行について
あなたは1256049人目

行事予定表

PDFファイルにて掲載しています。
H30.12月行事予定表.pdf
H30.2学期行事予定(保護者用).pdf
 
学校情報
 〒868‐8515 
 熊本県人吉市城本町800番地
 TEL 0966-22-4189  
 FAX 0966-22-5049
 E-mail
 kuma-th@pref.kumamoto.lg.jp

熊本県教育情報システム
登録機関

管理責任者 校長 西 智博
運用担当者 ホームページ係



 

 

徒然雑記帖

徒然雑記帖 >> 記事詳細

2018/08/27

18と秋の到来

| by 管理人

夏休みも残り1週間を切りました。焦っている人がいるかもしれません。

本校のホームページ、たまたま開いた昨夜8月26日の20時13分現在の総アクセス数は1142052でした。

この数字をずっと見ていたら、面白いことに気付きました。下4桁の2052と上3桁の114との関係です。

何と、2052÷114=18ということで、綺麗に割り切れるのです。たまたま目にした数字で、このことに気付き、当夜の満月も相まって「吉兆」を感じたところでした。

この18という数字、西洋では「悪魔の数字」とされる666との関係(6+6+6=18など)がよく取り沙汰されますが、私にとっては小中学校の時に何度か出席番号でお世話になったこともある思い出深い数の1つです。

18といえば、相良33観音巡りで相良村川辺にある18番札所「廻(めぐ)り観音」につい3日前、熊本出張から五木越えで帰る途中に立ち寄ったばかりでした。すぐ横の川辺川が激流のようになっていて、鮎釣りをする人が流されないかと気を揉みました。

  


  そんなことを思い出していたら、「百人一首の
18番の歌は何だったかな?」と気になりました。(教諭のころ、百人一首部の顧問をしていました)

調べてみたら、「住の江の岸に寄る波よるさへや・・・」で、平安時代の藤原俊行の歌です。

藤原俊行といったら、この歌よりも中学校の時の国語で習った秋来ぬと 目にはさやかに 見えぬども 風の音にぞ おどろかれぬる」が有名だと思います。視覚を否定し聴覚で秋の到来を感じ取っている歌で、とても分かりやすく、この時期必ず口ずさんでしまいます。生徒の皆さんは、既に秋の気配を感じていますか?

私は、枯れて元気を失ったひまわりの大輪が頭を下げて茶色く変色しつつあるのを見て、「しっかりしてよ、ひまわり君!」とか言いながら夏の終わりを感じました。

【校長】

 

 


13:47

徒然雑記帖

徒然雑記帖
一件も該当記事はありません。