人吉高校ホームページ

HITOYOSHI HIGH SCHOOL
 

ご挨拶



 ご挨拶

「磨き 鍛えん 青春の志高く」
100周年へのプロローグ~


熊本県立人吉高等学校長 光永幸生



 

 このたびの定期異動により、熊本県立人吉高等学校長を拝命いたしました光永幸生と申します。伝統ある本校で勤務できますことは、私にとりまして身の引き締まる思いでありますとともに、大変光栄であると感じております。微力ではありますが、これまでの経験を活かして、全力を尽くす所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

人吉高校は、今年創立95年目を迎える伝統校であり、これまで
37,900名の卒業生が、地元はもとより全国各地や、海外でも活躍しておられます。本校は人吉・球磨の中心となる進学の拠点校として、地域から大きな期待を寄せられている学校です。

 生徒たちは、創立40周年式典で制定された「礼節・勤労・進取」の三綱領の精神をもとに、そのよき伝統を受け継ぎ、自覚とプライドをもった学校生活を送っています。 

 そして、生徒たちへの激励の意味も込めて「磨き 鍛えん 青春の志高く」というスローガンを平成13年に校舎第一棟壁面に掲げ、人高生の指標としました。

 今年の3月の進路状況を見ますと、生徒一人一人の進路目標実現に向けて取り組んだ結果、最難関といわれる東京大学の理科3類(全国で合格者を出したのは31校)、京都大学文学部をはじめ、九州大学8名、熊本大学16名(医学部医学科1名を含む)など、国公立大学に100名(うち現役97名)、私立大学に延べ261名(うち現役延べ236名)が合格し、また、公務員にも延べ23名(現役のみ)が合格するなど、素晴らしい成果を挙げました。

 また、部活動では、県高校総体においてカヌー部、山岳部がそれぞれの種目で優勝、準優勝を成し遂げてインターハイへ出場する他、水泳部や陸上競技部でも個人での優勝や準優秀賞など、輝かしい成績を残しました。また、文化系においても、放送技術研究部や書道部などが県下のトップレベルで活躍するなど、あらゆる部活が、全国大会や九州大会に出場し、文武両道を実践することができました。

 平成30年度は、昨年度の取り組みを更に充実させ、あらゆる面で生徒がリーダーシップを発揮し、来る100周年へ向けて、生徒・職員が一体となって全ての教育活動に挑戦していきます。これからの人吉高校生の活躍にご期待ください。