熊本洋学校跡

 
 明治4年(1871)横井大平の熱心な建白と奔走によって、熊本藩が現在体育館のある高台にした洋式教育の学校である。教師には長崎にいたブルベッキの推薦で米国退役軍人のジェーンズを招いた。彼は通訳を使わずにすべて原語で授業を進め、厳格な中にも温情のある教育を行った。翌5年には明治天皇も授業を参観された。
しかし、彼の感化でキリスト教を信じる学生達が花岡山で結盟を行ったことから、明治9年閉校となった。その門下からは徳富蘇峰、海老名弾正、横井時雄など多くの人材を輩出している。