古城跡

 加藤清正が今の熊本城を築く前に、この地に鹿子木寂心(親員)の築いた隈本城があり、のち古城と呼ばれた。この城には鹿子木氏の後、城氏が入り豊臣秀吉の九州征伐にあたって薩州攻撃の本陣をおいた。その後佐々成政の居城となり、加藤清正も現在の熊本城に移るまで二十年近く在城した。(熊本市設置の案内板より)